​小さなミラクル通信

守秘義務尊重のため内容は著者の経験に基づいた創作です

北のあじさい寺・本土寺



本土寺は常磐線北小金駅から徒歩10分程の場所にあります。

建立されたのは、1277年だそうで、気の遠くなるほどの歴史がある古刹です。

北のあじさい寺として知られていて、今の季節には多くの人が訪れます。


私の住まいはこの寺から徒歩数分の場所にありますが、毎年参道の人通りが普段の何倍にもなるのを見て、ああ、今年もあじさいの季節になったなと気付きます。


近くにあると、うっかり一番の見ごろをはずしてしまうこともありますが、今年はほぼ満開の時期に行くことができました。

下の写真の上部は菖蒲池を見下ろすものですが、今年はどういうわけか水も抜かれて菖蒲は全くありません。

あとで本土寺のホームページを訪ねてみると、今年は雑草の被害を受けた菖蒲の根を掘り返し、抜根作業をしたためと書かれていました。来年にはきっとまた美しい菖蒲を見ることができるのを期待します。

本土寺のある北小金は千代田線/常磐線の駅で、大手町から直通で約40分かかります。


今が見ごろのあじさい。



額あじさいも様々な色の花をつけています。



境内を15分ほど散策してすっかりリフレッシュし、草木や新鮮な空気からいただくエネルギーの大きさに、改めて感謝する気持ちになりました。


1回の閲覧