亡くなった人に伝えたかったこと


あなたの大切な人に伝えたかったことはありませんか。


その人はすでに亡くなっていて、もう今となっては伝えるすべがない。

そう思うととても辛く、悲しさがつのります。

本当に人生は不公平。どうして!なぜ!


そんな時は是非亡くなった人宛てに手紙を書いてみてください。

心を込めて、これまで言えなかったことを伝えましょう。

きれいな字じゃなくて良いんです。文章が下手でも、誤字があっても構いません。


その人が生きていた時には恥ずかしくて伝えられなかったこと。

ありがとうの言葉。

どうして自分を残して逝ってしまったのか。

あなたがいなくて「寂しいよ」という言葉。


正直に書いてみましょう。

良い子になる必要はありません。


いろいろ思い出しながら、腹が立ったらそのことを。


楽しい思い出が心に浮かんだら、そのことを。


まだまだ一緒にしたかったことがあれば、そのことを。


自分がこれから計画していることがあれば、そのことを。


まるでその人が目の前に座っているかのように。その人に話しかけるように、書いてみましょう。


手書きでなくても構いません。

PCやスマホを使ってみても良いですね。


書いているうちに涙が出てきたら、止めようとしないで。


「もっと悲しくなってしまうかも」と、心配ですか。



大丈夫、少しずつ心が癒されて軽くなりますよ。


もしかすると書いているうちに、亡くなった人の答えが、会話のように頭に浮かぶかもしれません。


「どうしてこんなに早く逝っちゃったの?」

「ごめんね、私もびっくりしたんだけど、お迎えが来ちゃったのよ。」


このようにもし浮かんだら、その会話も是非書いて下さいね。


これを気のすむまでやってみて。

少しずつ何日かに分けて行いましょう。


このように亡き人と対話する

ことで、少し気持ちの整理がつきますよ。


少し元気が湧いてきます。少し心が癒されます。


少しずつ少しずつです。


是非やってみてくださいね。

あなたの言葉は、必ず天にいる亡くなった人に伝わると信じて。


あなたの大切な方のご冥福を、心からお祈りします。





インテグラルカウンセリングサービス 〒104-0061 東京都中央区銀座5-6-12 みゆきビル bizcube7F ℡ 03-5931-7179 ✉ info@drnorikowatanabe.com

© Integral Counseling Services. All rights reserved.

  • Facebook