​小さなミラクル通信

守秘義務尊重のため内容は著者の経験に基づいた創作です

音楽の魔法・頑固なシニアの心に灯をともす


懐かしい音楽が流れてきて、急に昔の情景や思い出が浮かぶことありますね。


懐かしさや甘酸っぱさ、ワクワクや寂しさなど、強い感情が一気に押し寄せてくることもあるでしょう。


自分が活力に満ち一生懸命生きていた日々の記憶が、音楽によって呼び起こされることもあるかもしれません。


シニアホームから脱走

75歳の男性の妻が亡くなって1年半が経ちました。


これまでは長年妻と暮らした家で一人暮らしをしていましたが、2か月前に転倒して大腿骨を骨折してしまいました。


この男性には二人の娘さんがいましたが、二人とも地方や海外に嫁いでおり、退院後ずっと娘さんがお世話をするというわけにはいきません。


そこで男性も一応納得して、住み慣れた町のシニアホームに入ることになりました。


しかし入ってみると男性入居者があまりいないことや、とても頑固な性格なので、ホーム生活になじめません。


そしてそこから男性は脱走を繰り返すようになりました。しかしそのたびに地方在住の娘さんが飛んできて連れ戻し、説得すること10回以上。周りはみな疲れ果ててしまいました。


昔懐かしい音楽を流してみると


そんな中、音楽療法について聞いた娘さんが、試しにホームの男性の居室で音楽を流してみました。

すると旧制高校の校歌集や、軍歌、戦後のヒット曲などを聞くうちに、男性の意固地な態度に変化が出てきました。


旧制高校出身の男性は、若き日の思い出や、あの頃のエネルギーを一瞬に思い出したことでしょう。


戦後の生活は大変でしたが、みんながリンゴの唄のながれるなかで、一生懸命暮らしを立て直そうとしていました。


妻を亡くし体の衰えを実感して元気のなかった男性の心に、音楽は希望の光を灯しました。


音楽の魔法でホームの部屋が自分の居場所に

ホームの部屋に毎日音楽が流れるようになりました。


するとこれまで味気なかった空間が、懐かしさや嬉しさを経験する場所になっていったのです。


男性の表情はイキイキして顔色も良くなりました。誰に対しても攻撃的だった口調さえやがて穏やかになりました。


このころには男性の脱走癖はすっかりなくなり、ホームでの活動にも少しずつ参加できるようになりました。


娘さんは藁にもすがる思いで勧めた音楽療法ですが、まさかこんなに効果があるとは思わなかったそうです。


脱走騒ぎから10年、先日男性は85歳の生涯を終えましたが、音楽は最後まで男性の生活を支える重要な存在となりました。

1回の閲覧

New Posts

​【書籍】絶賛発売中!

人の顔色が気になる!Amazon表紙.jpg
%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%
プロフィール

米国・カリフォルニア・スクール・オブ・プロフェッショナル・サイコロジーで、心理学修士号及び心理学博士号取得。カリフォルニア州公認サイコロジスト。アメリカ心理学会正会員。アメリカ軍契約サイコロジスト。

続きを読む

© Integral Counseling Services. All rights reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
定期購読はこちらから

〒104-0061東京都中央区銀座5-6-12 Miyukiビル bizcube 7F  TEL03-5931-7179  info@drnorikowatanabe.com