​小さなミラクル通信

守秘義務尊重のため内容は著者の経験に基づいた創作です

薄毛とたるみ vs 肥満と身体機能


テレビはサスペンスものが好きで、昼間放映される番組なども録画して見たりします。その中には20年くらい前の再放送もあり、私が経験しそこなった日本文化の1ページを見るようで、そういう意味からも興味深いものがあります。



番組の途中で流れるCMは普段は飛ばしながら見るのですが、それでもやはり時々目につきます。昼間のCMターゲットは、50代後半+なのでしょうね。ですからほとんどの商品内容は、育毛促進やカツラあるいはシワ・たるみ・シミ防止という物ばかり。


年齢的に私もついうっかりCMに引き込まれそうになることもあります。そんな時は「敵も消費者の心を鷲掴みにする術を心得ているのだ」と、関心したりしています。


50代後半+にとって薄毛抜け毛は、性別問わず気になる話題なのでしょう。









CMの傾向も国が変わるとずいぶん違いますね。4人に1人が体重オーバーだと言われているアメリカでは、肥満は深刻な健康問題です。






そんな背景から、CMも減量プログラムやダイエットピルはが圧倒的に多いですね。



日本でも最近は目を見張るような減量プログラムのCMを目にすることがありますが、アメリカの場合はビフォーの体重が半端じゃありません。この写真の女性達、右側の写真が同一人物に見えますか。


そしてもう一つアメリカでしばしば目にするのが、男性機能回復・向上のサプリCMです。プロゴルフやアメフトの試合の合間に流れるCMは圧倒的にこれが多くて、スポーツの試合を見る消費者の男心をくすぐるのが目的かと思われます。





もちろん薄毛・抜け毛・植毛のCMもありますが日本程頻繁ではなく、かつらのCMに至ってはあまり見た記憶がありません。それは日本に比べると、禿げていることを気にしたり、他の人が笑いものにしたりしない傾向があるからでしょうか。


CMもターゲットとなる人々の文化によって、ずいぶん異なりますね。気をつけてみていると、まだまだ面白い発見があるかもしれません。

7回の閲覧

New Posts

​【書籍】絶賛発売中!

人の顔色が気になる!Amazon表紙.jpg
%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%
プロフィール

米国・カリフォルニア・スクール・オブ・プロフェッショナル・サイコロジーで、心理学修士号及び心理学博士号取得。カリフォルニア州公認サイコロジスト。アメリカ心理学会正会員。アメリカ軍契約サイコロジスト。

続きを読む

© Integral Counseling Services. All rights reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
定期購読はこちらから

〒104-0061東京都中央区銀座5-6-12 Miyukiビル bizcube 7F  TEL03-5931-7179  info@drnorikowatanabe.com