​小さなミラクル通信

守秘義務尊重のため内容は著者の経験に基づいた創作です

父の命日・不思議なできごと



大正八年生まれの父が亡くなったのは、いまからちょうど30年前、平成元年の7月のことでした。


そして毎年命日の時期になると、父が亡くなった直後に起きた不思議な出来事を思いだします。         

戦地で体を壊し復員後70歳で亡くなるまで、入院や手術を何度となく繰り返す人生でした。


それでも62歳で退職するまで病いを抱えながら会社勤めをし、妻と二人の娘を養ってくれました。


思い返すと父の人生は、病とつき合う法を極める旅だったような気がします。


意気地なしの私など、風邪をひいたくらいでワーワー家族に訴えるのに、父はほとんど愚痴も文句も言いません。


体が許す範囲の趣味を楽しみながら、毎日ひっそり病と付き合っている感がありました。

父のお葬式もすみ地方から来ていた親戚も帰って、家族だけになりました。


そうすると寂しさが一層心にしみます。


そんな時ある人から電話がかかってきました。



Yさんというその男性は、父の小学校の同級生だそうです。

そしてその人は、

「昔T君と通った東京下町の小学校を今日訪ねる機会があり、卒業生の連絡先を見つけたんです。その中に仲良しにしてたT君の名前を偶然目にして、懐かしくて電話しました」

というではありませんか。

電話で応対した妹は驚愕しながら、

「父とは卒業後もお付き合いされていたのでしょうか」とたずねると、

「いや、卒業以来60年ぶりですね」というのです。


Yさんに父が亡くなり2日前にお葬式を済ませたばかりだと伝えると、呆然とされていたそうです。


あとで妹から聞いた母と私も、言葉がありません。


これは一体何だったのでしょう。

父は少しいたずら心のある人だったので、もしかしたらこんなこと仕組んで、私たちに「まだすぐそばにいるよ」と伝えたかったのでしょうか。


それともみ霊となった父が、子供時代の友達のYさんを訪ね、名簿を見つけるよう仕向けたのでしょうか。


偶然と言ってしまえばそれまでですが、家族にとってはなんとも不思議な、少し嬉しいような経験でした。

10回の閲覧

New Posts

​【書籍】絶賛発売中!

%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%
プロフィール

米国・カリフォルニア・スクール・オブ・プロフェッショナル・サイコロジーで、心理学修士号及び心理学博士号取得。カリフォルニア州公認サイコロジスト。アメリカ心理学会正会員。アメリカ軍契約サイコロジスト。

続きを読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

〒104-0061東京都中央区銀座5-6-12 Miyukiビル bizcube 7F  TEL03-5931-7179  info@drnorikowatanabe.com

© Integral Counseling Services. All rights reserved.