​小さなミラクル通信

守秘義務尊重のため内容は著者の経験に基づいた創作です

海外赴任から帰国後、「日本になじめない」と感じる


海外から帰国後、日本になじめないと感じる人は意外と多いものです。これはリバースカルチャーショック(逆カルチャーショック)と呼ばれます。海外生活が始まったときに感じたような辛さや息苦しさを、日本帰国後に思いがけず経験することです。


帰国して「日本になじめない」と感じる

海外での生活を通して、あなたの人生はより興味深いものとなったことでしょう。


そして帰国が決まり、母国語で社会生活ができたり、おいしいものがたくさん食べられたり、心を許せる友との交流などを心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか。


しかしいざ帰国してみると、自分が知っていたはずの日本が見知らぬ国のように感じたり、失望させられたりすることがあります。。


例えば、日本では他人に迷惑をかけないことを重視するため、何をするにも窮屈に感じます。


人々との交流も海外にいた頃に思い描いていたことと随分違うように感じる人も多いのではないでしょうか。


せっかく日本に帰ってきたのに

リバースカルチャーショック(逆カルチャーショック)とは、海外生活に順応した日本人が、帰国後に母国での環境になじめなくなったと感じることです。


これは海外にいる間、自分でも気づかないうちに、母国である日本を美化してしまうことに一因があります。


異国でカルチャーショックを受けて苦労すると、日本ではこんなことはなかったと母国への思いを募らせます。ところがそれがいつの間にか実像との間にズレを生じ、帰国後そのギャップに衝撃を覚えるのです。


海外で身につけた価値観や行動を実行すると、日本社会の中では浮いてしまう場合があります。他人と違う行動をとったり、単独で動いたりすれば、周囲の日本人は遠巻きに眺め距離を置くこともあるかもしれません。自分の持つ個性や能力を主張したり、目立つことをよしとしない日本社会。海外経験をした人の多くがこのようなことから窮屈な思いをします。


このような辛さは周りの人に理解されることはむずかしいかもしれません。それどころか、「あなたは変わった」と言われ疎外感を感じるようなこともあるでしょう。なかには、数年海外にいただけで国際人を気取るのかと批判する人もいるかもしれません。人間関係も変わってしまい、いつしか住んでいた外国に戻りたいとまで切望するような人もいます。


海外に移り住んですぐの頃は日本の良い点ばかりが思い起こされたのを覚えていますか。帰国後にはそれと逆の事態が起こりますが、このような場合は、少しずつ時間をかけて現在の生活の中の良いところに注意を向けながら、順応していくことが大切です。


焦らずじっくり適応しましょう

海外にいた期間が長くなるほど、リバースカルチャーショックの影響が長く続く可能性が高くなります。


早く日本に順応しなくてはと焦れば焦るほど、不必要に自分にプレッシャーを与えてしまいます。長いスパンで物事をとらえ、焦らないことがとても大切です。


行き詰まりを感じたら深呼吸して、冷静にそれぞれの国の長所・短所を思い起こしてみてください。するとどちらにも良いところ、悪いところがあるのを再認識します。物事を一面からではなく多面的に捉える力が、海外生活を経験したあなたには備わっているはずです。


悩み苦しんだ経験は人を強くします。海外生活で得た経験を今後の人生にポジティブに活かしていきましょう。一人では解決が難しい場合は、心理セラピストなど専門家に相談されることをお勧めします。

25回の閲覧

New Posts

​【書籍】絶賛発売中!

人の顔色が気になる!Amazon表紙.jpg
%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%
プロフィール

米国・カリフォルニア・スクール・オブ・プロフェッショナル・サイコロジーで、心理学修士号及び心理学博士号取得。カリフォルニア州公認サイコロジスト。アメリカ心理学会正会員。アメリカ軍契約サイコロジスト。

続きを読む

© Integral Counseling Services. All rights reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
定期購読はこちらから

〒104-0061東京都中央区銀座5-6-12 Miyukiビル bizcube 7F  TEL03-5931-7179  info@drnorikowatanabe.com