​小さなミラクル通信

守秘義務尊重のため内容は著者の経験に基づいた創作です

ブランディはどこに



先日8月に亡くなった雄ネコのマーキーのお話をしましたが、今日はもう一匹絶対に忘れてはならない愛猫、雌のブランディにまつわる不思議なお話をさせてください。

マーキーと同様にブランディも、ちょうど10年前の8月に19歳で虹の橋を渡りました。

私のところに来て以来16年間、ロサンゼルスで2回そしてサンディエゴで3回一緒に引っ越しました。


とてもおとなしくて繊細なネコでしたが、新しい場所に引っ越す時はすぐに適応して、とても助かりました。

勘の良いところがあり、私が悲しみにくれているような時は、隣に座ってずっと寄り添ってくれるようなネコでした。

また多指症という指が6本ある珍しいネコでしたが、よく言われているように、飼い主の私にたくさんの幸せを届けてくれたと思っています。


そのブランディが大往生を遂げた後、人間家族ももちろんですが、マーキーは悲しくて悲しくて、数か月の間様子がおかしかったです。

そんなある日、夕食後に夫とマーキーと一階の居間で寛いでいると、突然二階のほうからかすかに「ニャ~、ニャ~」と二度程聞こえました。

とっさに「ブランディが鳴いてる」と思ったのですが、そんなバカな......

「今、聞こえたよね」と、夫と言い合いキョロキョロ上の方を見ていると、寝ていたマーキーも首をもたげて、二階を見上げるような表情をしています。

「マーキーにも聞こえたみたいだね」と、普段は怪奇現象などあまり興味のない夫も、珍しく不思議なことを言っています。

そして私だけでなくマーキーにも優しかったブランディが、「ここにいるよ。いつも見てるからね」と教えてくれたのだなと思うことにしました。

10年前はスマホで毎日写真を撮るような生活ではなかったので、ブランディの写真があまりないのがちょっと残念です。

でも私たちの心にはブランディの記憶が、いつまでもくっきりと刻まれています。


1回の閲覧

New Posts

​【書籍】絶賛発売中!

%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%
プロフィール

米国・カリフォルニア・スクール・オブ・プロフェッショナル・サイコロジーで、心理学修士号及び心理学博士号取得。カリフォルニア州公認サイコロジスト。アメリカ心理学会正会員。アメリカ軍契約サイコロジスト。

続きを読む

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

〒104-0061東京都中央区銀座5-6-12 Miyukiビル bizcube 7F  TEL03-5931-7179  info@drnorikowatanabe.com

© Integral Counseling Services. All rights reserved.