あの世行きファーストクラス航空券入手は人柄次第?

最終更新: 2019年4月1日


人が亡くなるプロセスには、その人の人柄が出ると思いませんか? さっぱりした性格の人はさっぱりと。怒りっぽい人や意地悪な人は、それ相応のあの世行き航空券を手にするように思います。もちろん例外もあるでしょう。でもどうも大体は当たっているような気がします。


ファーストクラスのおばあちゃん、エコノミークラスの○○重役様


私の祖母は、学歴も財産もない普通のおばあちゃんでした。でも愚痴を言わず竹を割ったような性格で包容力がある。そんなおばあちゃんは、魅力的で家族は皆大好きでした。


その日祖母はご近所の仲良しと巣鴨のとげ抜き地蔵さんへお参りに。お昼に参道の店で美味しいウナギを食べ、午後4時に帰宅後5時半には亡くなってしまいました。


とても潔い人柄そのもの、たった二十分だけ苦しんで、ピンピンコロリとばかりに天国へ。そして自宅で行った簡素なお葬式には、家族も驚くほど多くの人が参列してくれたのです。


一方、社会的地位のある○○重役様は、学歴や職歴は満点だけどお人柄は落第点でした。現役のころからワンマンで気に入らないことがあると、ことごとくまわりに当たり散らします。


お気の毒にもそんな重役様は、ワーワーわめき叫ぶこと1年半。苦しみながら長い闘病生活を送られました。闘病中は本人はもとより、家族やまわりも疲労困憊したのでした。


あの世行きファーストクラス航空券を手に入れる法

 

あの世行ファーストクラス航空券はどうしたら手に入れられるでしょうか。それは日ごろから自分を「俯瞰」に見る癖をつけて、現在の自分の様子をイメージのなかで斜め上から良く観察するというのはどうでしょうか。


自分は今どんな声音で話しているかな。言葉選びは? 楽しそうかな? イライラしているかな?自分の理想の姿と比べてどうだろう?などとよく観察してみます。


このように観察して認知するだけで、人の行動や態度に変化が出てきますが、これは心理学界ではよく知られていることですね。遺伝子レベルでは人はサルと数パーセントしか違わないのに、これが出来るのは人間だけです。これをやらない手はありません。 


死のプロセスには、その人の生き方や人生そのものが詰まっているように思えます。


どのような暮らし方をしているか、あるいは人としての完成度はどの位か。それがみんな出るように思うのです。


このように考えると「自分はファーストクラスはまだまだだなぁ」とガッカリします。


しかし「まだまだだなぁ」と思ったら、批判することなく淡々と自分を見つめてみると、自分はこんな状況の時はこうなるな。だから少し気をつけよう。無意識にそう思うようになります。これを習慣化すると次第に人柄が穏やかにゆったりとして、残りの人生を心から楽しめるようになるのではないでしょうか。

 

人生はある意味「ステージ」で、観客は家族や周りにいる人達だなと思います。自分の観客にエピローグで多少なりともポジティブな記憶を残せたら、きっとすがすがしい気持ちになることでしょう。

インテグラルカウンセリングサービス 〒104-0061 東京都中央区銀座5-6-12 みゆきビル bizcube7F ℡ 03-5931-7179 ✉ info@drnorikowatanabe.com

© Integral Counseling Services. All rights reserved.

  • Facebook